買取キング

電話受付 朝10:00~夜19:00
0120-010-309
ライン
査定

3.11東日本大震災 僕たちが見た記録
僕たちが見た記録 part2

3.11東日本大震災 僕たちが見た記録 part2

東日本大震災から5年目、復興への道のりはまだ険しく長い

2016年4月17日、あの東日本大震災から5年経った今、 メディアなどでの報道も少なくなりましたが、風化させない為にも 自分たちの足と目で見てきた今の被災地を少しでも多くお伝えできればと 、僕たちは4年の時を経てもう一度この南三陸町の地に立ちました。

南三陸町の再興を見守り続けるモアイ象

1960年のチリ地震津波から友好を深めてきた、チリの彫刻家マヌエル・トゥキ氏 は被災後に南三陸町を訪れ、人々が再びこの町で暮らしていきたいと 思えるような力を与えるモアイを贈れないかと、2013年5月25日に 世界初となる本物のモアイ象がこの南三陸町にやってきました。 世界でも2体しかない目が入ったモアイ象には、眼に霊力が宿り 南三陸の悲しみを取り払い、復興を見守り続ける存在になってほしいと 願いが込められています。

さんさん商店街

2012年に設けられた仮設商店街では天皇皇后両陛下も訪れ 連日観光客でにぎわっています。 週末になると色々な催しなどで、数々の芸能人・ミュージシャン の方々も訪れた事があり、被災地の方々を少しでも元気づけようと 活動しています。

防災対策庁舎

南三陸防災庁舎は12mの高さに位置する屋上に避難したのにも 関わらず職員30人のうち助かったのはわずか10人という、 津波の怖さを象徴する施設としてメディアでも繰り返し報道されてきました。 2016年4月から周辺の復興工事本格化の為、2年間立ち入り禁止になり、 献花台も100m離れた、道路を挟んだ向かい側に移動されました。 離れた場所から見る防災庁舎は一段と侘しさと津波の壮絶さを5年経った 今でも私たちの心に再認識させました。 防災庁舎の保存と解体については、2031年3月10日まで保留する形になりましたが、 被災者の遺族からは保存に対しての反論などの声も上がっています。 この問題はとても難しい問題ですが、被災当時にメディアだけを通して 震災・津波の光景を見てきた僕たちが出来ることは、この出来事を風化させない為に 忘れないことが必要だと思います。

唯一津波の被害から生き残ったホテル観洋からみる海はとても穏やかで アワビの養殖などが行われており、日中はカモメが空を自由に飛び回っています。 この穏やかな光景を見ていると5年前に大災害があったことを思わせません。

津波の被害にあった松の木は4年前にはほとんどなぎ倒された状態になっていましたが その全てが撤去され、切り株などの跡を見ると被災したのは人だけではないという ことも認識させられます。 NHKの【震災から5年経って復興状況について】のアンケートでは、遅れていると 答えたのが53%と半分以上の人たちが不安に感じているようです。 5年経った今でも仮設住宅を出ることが出来ず、自宅に戻れない人も多いです。 一番時間が掛かるのは被災した人たちの心の傷だという事を思い知らされます。

今回僕たちが被災地を訪れる三日前に、熊本県でまたもや震災が発生しました。 5年前にあれだけの大震災が起こった矢先にこの出来事は、東日本大震災の被災者の 心にもさらに追い傷をつけることとなりました。 現地のガイドさんからは、ニュースを見るたびにあの日の光景がフラッシュバックすると 言っていました。

陸前高田市 奇跡の一本松

各被災地で土地のかさ上げ工事がされていますが、工事終了後に 一世帯に配分される敷地の広さは100坪まで与えられるそうです。

現在土地のかさ上げ工事中の為、土砂を運ぶベルトコンベアの中にたたずむ 奇跡の一本松は、かつて高田松原にそびえたっていた7万本の松の木の中で 唯一倒れることなく生き延びた木で、被災地復興の希望のシンボルとして 奇跡の一本松と名付けられたのは数々の報道で知られていますが、 2011年12月に保存活動を終了し、枯死したことが確認されました。 その後も一本松を一目見るために訪れる人は多く、残してほしいとの声があり 一本松の復旧作業が開始し、幹を防腐処理し中心に心棒を入れ枝葉を複製したものに 付け替え、約1億5000万円の費用を掛けて元の場所に再び立てられることになりました。

これから10年後・20年後と時が経つにつれ、この悲劇が少しずつ癒されることを願っていますが、人々の心から風化してしまわない為にも、 3.11を私たちは後世に語り続けていくことでしょう。 この記録を見た方に少しでも伝えること、そして何かを感じ被災地を自分の足と目で見てみたいと思っていただければ幸いです。 また1年後・10年後・その先もこの美しい薄紅色の桜が咲き乱れる景色が続くことを願っています。

3.11東日本大震災 僕たちが見た記録 part1 

買取キングの店舗案内

買取キングが選ばれる理由
買取キング宝石鑑定士の豆知識
らくらく簡単ライン査定

Copyright © 2016 KAITORIKING, All rights reserved.

  • 北海道公安委員会許可 第101020001444号
  • 神奈川県公安委員会許可 第452560003469号
  • 静岡県公安委員会許可 第491050000766号
  • 奈良県公安委員会許可 第641170000552号